読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Redisのインストールメモ

対象はCentOS 5。特に罠はないのでREADME通りに進めるだけ。

# wget http://redis.googlecode.com/files/redis-2.4.10.tar.gz
# tar zxf redis-2.4.10.tar.gz
# cd redis-2.4.10
# make
# make PREFIX=/usr/local/redis install

起動スクリプトの作成

# ./utils/install_server

PREFIXつけて別の場所にインストールした場合 redis-server が見つからないと言われるので、フルパス(/usr/local/redis/bin/redis-server) を指定してあげればいい。

/etc/init.d/redis_6379 が作られて chkconfig on される。


ちなみに今話題(?)のmalloc()とjemallocについて書いてあった。

By default Redis compiles and links against jemalloc under Linux, since
glibc malloc() has memory fragmentation problems.

To force a libc malloc() build use:

% make FORCE_LIBC_MALLOC=yes

In all the other non Linux systems the libc malloc() is used by default.

On Mac OS X you can force a jemalloc based build using the following:

% make USE_JEMALLOC=yes

Linuxはデフォルトでjemalloc、その他はmalloc()が使われるらしい。へー。