読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

OSX Lionに最新版のEmacsとWanderlustをインストール

Emacs Mac

Emacs実践入門を読んでいたら無性に一からEmacs環境を構築したくなったので、とりあえずEmacs本体から入れ直した。

Emacs実践入門 ?思考を直感的にコード化し、開発を加速する (WEB+DB PRESS plus)

Emacs実践入門 ?思考を直感的にコード化し、開発を加速する (WEB+DB PRESS plus)


Emacsのインストール

1. ソースをダウンロード

homebrew から入れた方が早そうだけど、今回はソースから最新安定版の 23.4 をインストールする。

$ curl -O http://ftp.gnu.org/pub/gnu/emacs/emacs-23.4.tar.gz
$ tar zxf emacs-23.4.tar.gz
$ cd emacs-23.4

2. patchを当てる

IMEパッチ

これを当てないと toggle-input-method で日本語に切り替えられない。

$ curl -O http://jaist.dl.sourceforge.jp/macemacsjp/47986/inline_patch-23.2-beta3.tar.gz
$ tar zxf inline_patch-23.2-beta3.tar.gz
$ patch -p0 < inline_patch-23.2-beta3/emacs-inline.patch
Lionのフルスクリーン対応パッチ

Command + TABよりスワイプでデスクトップごと移動する方が好きなので。

$ curl -O http://cloud.github.com/downloads/typester/emacs/emacs-23-lion-fullscreen-test.patch
$ patch -p1 < emacs-23-lion-fullscreen-test.patch

3. ビルドする

$ ./configure --with-ns --without-x
$ make bootstrap
$ make install

出来上がったEmacs.appをアプリケーションフォルダに移動すれば完了。

$ mv ./nextstep/Emacs.app /Applications/.

Wanderlustのインストール

古いEmacs.app内にインストールしていたので、ユーザディレクトリへ再インストールする。

1. 必要なライブラリを入れる

1-1. APEL
$ curl -O http://kanji.zinbun.kyoto-u.ac.jp/~tomo/lemi/dist/apel/apel-10.8.tar.gz
$ tar zxf apel-10.8.tar.gz
$ cd apel-10.8
$ make install EMACS=/Applications/Emacs.app/Contents/MacOS/Emacs LISPDIR=~/.emacs.d/elisp VERSION_SPECIFIC_LISPDIR=~/.emacs.d/elisp
1-2. FLIM

APELをインストールしたときに入る emu の場所を VERSION_SPECIFIC_LISPDIR で指定しないとこける。

$ curl -O http://www.kanji.zinbun.kyoto-u.ac.jp/~tomo/comp/emacsen/lisp/flim/flim-1.14/flim-1.14.9.tar.gz
$ tar zxf flim-1.14.9.tar.gz
$ cd flim-1.14.9
$ make install EMACS=/Applications/Emacs.app/Contents/MacOS/Emacs LISPDIR=~/.emacs.d/elisp VERSION_SPECIFIC_LISPDIR=~/.emacs.d/elisp/emu
1-3. SEMI

FLIMと同様に VERSION_SPECIFIC_LISPDIR として emu のディレクトリを指定。

$ curl -O http://kanji.zinbun.kyoto-u.ac.jp/~tomo/lemi/dist/semi/semi-1.14-for-flim-1.14/semi-1.14.6.tar.gz
$ tar zxf semi-1.14.6.tar.gz
$ cd semi-1.14.6
$ make install EMACS=/Applications/Emacs.app/Contents/MacOS/Emacs LISPDIR=~/.emacs.d/elisp VERSION_SPECIFIC_LISPDIR=~/.emacs.d/elisp/emu

2. 最新のWanderlustをダウンロード

リリースはずいぶん昔から止まっているけど開発は続いているので、CVS版のスナップショットを取ってくる。

$ curl -O ftp://ftp.jpl.org/wl/snapshots/wanderlust-201202181230.tar.gz
$ tar zxf wanderlust-201202181230.tar.gz
$ cd wanderlust-201202181230

3. WL-CFGを編集

APEL, FLIM, SEMIのインストール先にあわせて WL-CFG を修正。

@@ -2,11 +2,12 @@
 ;;; Configuration file for installation.
 
 ;; load-path setting example for Mule with SEMI.
-;(setq load-path (append
-;		 (list "/usr/local/share/mule/site-lisp/apel"
-;		       "/usr/local/share/mule/site-lisp/flim"
-;		       "/usr/local/share/mule/site-lisp/semi")
-;		 load-path))
+(setq load-path (append
+		 (list "~/.emacs.d/elisp/apel"
+		       "~/.emacs.d/elisp/emu"
+		       "~/.emacs.d/elisp/flim"
+		       "~/.emacs.d/elisp/semi")
+		 load-path))
 
 ;; If you want to install utils, uncomment following line.
 ;(setq wl-install-utils t)

4. ビルドする

あとは諸々インストール先を指定してmakeするだけ。

$ make check EMACS=/Applications/Emacs.app/Contents/MacOS/Emacs LISPDIR=~/.emacs.d/elisp PIXMAPDIR=~/.emacs.d/etc
$ make EMACS=/Applications/Emacs.app/Contents/MacOS/Emacs LISPDIR=~/.emacs.d/elisp PIXMAPDIR=~/.emacs.d/etc
$ make install EMACS=/Applications/Emacs.app/Contents/MacOS/Emacs LISPDIR=~/.emacs.d/elisp PIXMAPDIR=~/.emacs.d/etc


IMAP over SSLを使う場合、Wanderlustに付属している ssl.el を入れておかないと "byte-code: Cannot open load file: ssl" というエラーが出る。make installでは入ってくれないので手動でコピーする。

$ cp wanderlust-201202181230/utils/ssl.el ~/.emacs.d/elisp/


おしまい