読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古いProftpdでのLimitの設定

せっかく調べたのでメモ。

proftpd-1.2.10rc1 より前のバージョンでこんな感じのLimit設定を書いた場合、


  Order Deny,Allow
  AllowUser hoge, fuga
  AllowGroup foo, bar
  Allow from x.x.x.x, y.y.y.y

AllowUser と AllowGroup 内のユーザ名/グループ名は AND で評価されてしまう。(Allow from は OR) 複数のグループに所属することがあっても複数のユーザに所属することはないので、AllowUser に関しては1行に1ユーザ書かないと有効にならない。

However, it does not make sense for AllowUser, because a user may not be multiple users at the same time. This is a known issue, and a proper, thorough solution is being developed. In the meantime, however, there is a workaround for allowing multiple users via the AllowUser directive. Rather than listing the users using a single AllowUser, using a separate AllowUser for each user.

http://www.proftpd.org/docs/howto/Limit.html


1.2.10rc1 以降では修正されていて、

  • AllowUser と DenyUser はデフォルト OR
  • AllowGroup と DenyGroup はデフォルト AND
  • AllowGroup OR foo,bar と書くことで演算子を変えることも出来る。
  Bug 2015 - Add AND, OR keywords to Allow/DenyUser directives.
  The AllowUser, DenyUser, AllowGroup, and DenyGroup directives now take
  an optional keyword that indicates what type of expression they are:
  AND, OR, or regex.  By default, AllowUser and DenyUser are OR expressions,
  and AllowGroup and DenyGroup are AND expressions.  For example:

    AllowUser regex ^ftp
    DenyUser AND dave,bob
    AllowGroup OR web,doc

  These demonstrate that the optional keyword modifier must be the first
  parameter in the configuration directive.

その他メモ

  • Order Deny,Allow の意味はApacheと逆
  • に対してを書いても意味がない。(ログイン先はディレクトリではなくサーバなので)
  • ユーザ名、グループ名に対するUID,GIDは確認されない
  • ディレクティブはどれか一つでもマッチした段階で処理される。上の例を疑似コード(Perl風)に直すとこんな感じ
if ( ($username eq 'hoge') && ($username eq 'hoge2') ) {  <=1.2.10rc1以降は '||'
    allow();
} elsif ( ($group eq 'foo') && ($group eq 'foo2') ) {
    allow();
} elsif ( ($ip eq 'x.x.x.x') || ($ip eq 'y.y.y.y') ) {
    allow();
} else {
    deny();
}
  • ユーザIDとIPアドレス両方で判定させるためには mod_ifsession を組み込んでで書く